最大の予防策はストレスを溜めないこと

大人になっても時折ニキビに悩まされておりました。出来やすい場所は主に、鼻、顎、こめかみ周辺です。

もちろん洗顔は念入りに行っているつもりでした。
まずはしっかり髭を剃ってから、じっくりと泡だてて優しくマッサージするように行います。ニキビの出来やすい箇所は特に念入りに行いました。ちなみに洗顔はノンエーというちょっと高級な石鹸を使っていました。

一般的なものと比べると洗浄力がすごく、洗い上がりがさっぱりします。自分なりに気をつけてはいるつもりですが、腹立たしい事に、それでもニキビが出来てしまう時は出来てしまっていました。
男性は女性と違って毎日髭を剃るため、ニキビができやすいそうです。

多くの男性がほぼ毎日行っている髭剃り。
この「髭を剃る」という行為は肌にとても負担をかけます。
肌に負担が掛かる一番の原因は、カミソリの刃をあてることで髭と一緒に肌の表面も剃ってしまうことです。これがまずニキビができる原因の第一歩になります。
肌には角質層と呼ばれるものが含まれており、それには細菌の侵入を防ぐといったバリアのような働きがあります。この角質層が髭剃りとともに削られてしまうのです。
角質層が削られることで肌のバリアの機能は低下し、細菌を防げなくなったり、水分が不足してしまったりといった状態になってしまいます。細菌が侵入してしまうだけでもニキビの原因となるのに、肌の水分が不足するという状態もさらにニキビを引き起こす原因なのです。

引用元:男性のニキビ対策!髭剃りがニキビの原因?

現在、私はフリーランスでライターの仕事をしていますが、以前は勤めに出ていました。
不向きな業務と人間関係に嫌気がさして、結局はやめてしまったのですが。

以前に比べたら、生活は安定しなくなりましたが、肌の調子は良くなりました。ストレスから解放されて精神が安定したことによるのかなと思います。ニキビは今でも出来ない事はないけれど、明らかに減りました。

洗顔も、今ではその辺のドラッグストアに売っている安価なものを使っています。睡眠も忙しい時を除いて、1日に8時間は取るように心がけています。これも以前なら、考えられないというか不可能だったことです。

洗顔をしっかりすることも大事だけれど、根本的に生活を見直すことはもっと大事だと思います。ニキビの原因が仕事にあるのなら、思い切って転職を考えるのもありだと思います。

再就職は大変かもしれませんが、大人になってニキビがたくさんできるような事をしているという事は、体にも心にも良くない事だと思うのです。ニキビ対策に限った事ではありませんが、なるべく自分を大切にして生きていたいものです。

毛穴の黒ずみは早めの対策が重要

 

 
鼻の毛穴をあまり気にせずに放置していたところ、黒く頑固な角栓が鼻中にできてしまいました。
 
そこで、その当時はやっていた「角栓パック」を購入。さっそく試してみました。
 
しかし、毛穴の黒ずみが頑固過ぎたのでしょう。角栓パックでも取れたのですが、ほとんどの角栓は残ったままの状態、中途半端に浮き出てしまった黒い角栓が逆に目立ってしまいました。
 
そこで、ピンセットをしようして角栓を抜きました。
 
角栓の先端が浮き出ているので、ピンセットでも簡単にスルッと抜け、さらに取れた角栓がしっかりと黒く、嬉しくてしばらくハマりました。
 
週1回ほど、入浴後に角栓パック→ピンセットで取りこぼしを抜く、というケアをしていました。そんなことを繰り返し、鼻の黒ずみはとてもきれいになりました。
 
しかし、気が付いたら毛穴が広がっているではありませんか。慌てて毛穴引き締めに効果のある化粧水などを購入して試しましたが、すでに遅し。
 
現在でも当時、開いてしまった毛穴はそのままの状態です。それに懲りて、角栓が目に見えて黒くなるまで放置は良くないと悟りました。
 
今では面倒でも、毎晩必ずクレンジングオイルを小鼻の回りに丁寧に塗り込んで角栓が出来ないように予防するようにしています。
 
おすすめはマナラホットクレンジングゲル。毛穴ケアを行いながら、美容成分によるケアも同時に行えるスグレモノです。
 
参考→マナラホットクレンジングゲル口コミ効果ある
 
 

ニキビ跡が気になるときは何を使うべき?おすすめアイテムを紹介

 

 
ニキビ跡がひどい、メイクでもデコボコ肌が隠しきれないなど、ようやくニキビから解放されたのに素肌に自信が持てないとニキビ跡に悩んでいる人は多いです。ファッション雑誌や美容雑誌でもよく掲載されているリプロスキンについてまとめてみました。
 

リプロスキンはニキビ、ニキビ跡ケア化粧品の中でふ使用感、浸透力、軟柔感、変化を実感できた、利用したことのあるにおいて5冠を達成した今大注目のスキンケアです。
 

ニキビ、ニキビ跡のお肌は、なんかゴワゴワしている、くすみも気になるなどニキビが治ったのに化粧のノリが悪かったり、肌がごわついてイマイチという方がとても多いです。
 

その原因はきちんとケアをしているのに化粧水がきちんと浸透していないからです。浸透していないお肌はどんなにケアをしてもお肌にいい成分をつけてもお肌にきちんと入っていかないのです。肌本来の綺麗になる力が無くなってしまっています。
 

ニキビを繰り返し、ゴアゴアしたお肌には浸透力を高めることが最重要なのです。リプロスキンは「ナノテクノロジーB3、0」で浸透力向上技術を実現。お肌の奥まで届く超微細化することでお肌にダイレクトにアピールすることができるのです。
 

いつもの肌をアルカリ性に近い状態にすることで肌を柔らかくし、浸透力をあげてくれます。
 

化粧品では珍しい導入型柔軟化粧水と呼ばれていて、美肌サイクルをしっかりと整えてくれる働きがあります。いつものお手入れのあとにリプロスキンをプラスしてつけるだけなんて魅力的ですよね。
 

そんな魅力がいっぱい詰まったリプロスキンは市販されておらず、ネットでの購入しかできません。リプロスキン試したくても中々、、という方には定期コースにはお得な特典がついているようです。
 

特典には、2回目以降もお得な価格で購入できたり、安心のお届け周期の変更も可能、お休みができたり、何より一番安心なのが60日間返金保証もついているので試したい方は是非この機会にリプロスキンの良さを自ら体験してみてください。
 

 

青髭は見た目がキモい?ヒゲが濃いことの悩み

 

 
今回は私がヒゲが濃くなて悩んだことについて、いくつかご紹介したいと思います。ちなみに現在は脱毛処理を行い、快適な生活を手にすることができました。
 
1. ヒゲそ剃るペースが速くなる
朝起きてヒゲを剃っても、昼には毛の先が徐々に顔を出し始め、夕方になるとすでにジョリジョリになるくらい生えてきていました。そのため、職場にヒゲ剃りを持参し、隠れて剃っていたことがあり、大変惨めな思いをしました。
 
2. 見た目が汚い
当時は接客業をしていたのですが、どうしても、剃った後も青髭となり、お客さんに対して汚い姿を晒しているのではと常に心配となり、仕事への集中を欠いていました。また、仕事以外でも自分に自信が持てず、かなり大きな悩みの種となっていました。
 
3. 女受けが悪い
ヒゲが濃いとどうしても女受けが悪いと感じずにはいられませんでした。ヒゲが薄かった頃と比べ、かっこいい、モテるでしょう、などという言葉をかけられることもなくなり、どうにかして薄くしたいという気持ちが強くなっていました。
 
4. 自信がもてない
周りは気にしていなかったかもしれませんが、自分がヒゲが濃いことをどうしても気にしてしまい、自分に自信が持てず、消極的な生活をするようになってしまっていました。
 
5. まとめ
ヒゲが濃かった頃の自分の体験談をまとめさせて頂きました。そのような悩みを抱えている方には、思い切って脱毛をおすすめします。人生変わります。